学生たちの夢の実現に向け、全力で応援してくれる先生方。夢をカタチに、大学・大学院進学・就職とそれぞれの道を歩み始めた在校生・卒業生・修了生、みんなの声をお届けします。

教職員紹介

image
納谷 賢司
ひたすら話し続ける納谷先生。話すことをやめると死ぬらしい。大学院時代にドイツ留学経験があるのに、外国語で電話がかかってきたとき『もしもし!!』と日本語で答えたという噂が…。

image
成吉 弘幸
社会保険関係の授業だけでなく、簿記会計も担当する。「俺について来い」と言わんばかりの迫力ある授業に学生たちも引き込まれてしまう。スケールの大きさと繊細な心。つい頼ってしまいます。


image
草川 真妃
関西では珍しい、標準語ネイティブの草川先生。学生はしっかり見習いましょう。最近は海外ドラマにはまっているらしい。華奢な体に秘めたパワー、きっぱりスジを通して学生もタジタジ。

image
植木 朋恵
いつも明るい植木先生。学生時代、声楽で培った持ち前の声量には定評があり、優しいその表情からは想像もつかない迫力ある授業を展開します。しっかり聞いて美しい発音をしてくださいね。


image
砂田 和広
大きな大きな砂田先生。専門は法律、コンピュータ、学生の身の上相談。質問は、大きな体でガッチリ受け止める。「体調管理に気をつけて」というと、学生から「先生も」と言われる。

image
中山 尚紀
経理系科目を担当することが多いが、実は放射線技師の国家資格も有する中山先生。一部の学生からは、骨マニアとして有名。白衣を着ての講義のときは、どう見てもお医者さま・・・。


image
三好 伶以子
いつも明るくみんなに元気をプレゼント。しかも面倒見がよく、そのため学生たちから慕われている。しかし悪いときにはピシャリと叱る、そんな一面も持ち合わせている。タジタジになる学生もいるらしい。

image
住谷 由香
包み込むようなその包容力は、さながら留学生の優しいお母さんのよう。そのため、悩みごとの相談も多く、そのつど親身になって答えてくれます。時々叱られている場面も目撃されるとか…。


image
坂本 麻子
細かい気配りと、正確な事務処理が持ち前。また、年齢が近いせいか、留学生にとってはいちばん親近感が沸く存在らしい。休み時間になると、用もないのに事務所を訪れる男子学生もいるとのこと。





他にも多くの先生が学生たちをバックアップしています!

卒業生・修了生 - 大学・大学院・就職とそれぞれの道を歩み始めた卒業生・修了生!

image
余 賢文
もともと大学で経済・経営の勉強をするつもりでしたが、在学中に父が病気にかかり自分を見つめ直して受験申し込みの直前に進路を変更しました。大学受験のために努力していたのを見てくれていた先生方は私の気持ちを優先し、応援してくれました。おかげで関西学院大学の人間福祉学部に合格できました。すべての人が快適に過ごせる社会が作れるよう、頑張って勉強しています。

image
呉 清輝
現代社会は常に変化しています。その変化に対応した生活しやすい社会を実現できる学問はないものかと考えていたところ、先生から社会学部での勉強を勧められました。今、大学で勉強していて、先生が言っていたことは正しいと確信しています。将来、私はどの国で生活するかわかりませんが、その国のために働ける人間になるよう頑張りたいです。


(KIJ語学院出身・関西学院大学 人間福祉学部)
(大阪文化国際学校出身・関西学院大学 社会学部)

image
施 紹敏
私は中国で教員として働いていました。日本は中国よりも先に経済が高度に発展したので、その経済を肌で感じながら、会社経営について学びたいと考えています。現在は稲盛和夫氏のアメーバ経営に非常に興味があります。将来は世界中の顧客を相手に経営コンサルタントとして活躍することが私の夢です。

image
呉 岳
私は中国で5年制の大学を卒業した中国医です。そのまま医師として活躍する道もありましたが、経営学を勉強したいと考え奈良産業大学に編入しました。愛甲の簿記や法律等の成績が大学の成績に読み替えられたときは2年間頑張ってよかったと心から思いました。将来は、中国で医療コンサルタントとして活躍する夢を持っていますので、一日一日を無駄にせず学習したいです。また日本の病院経営を研究し、中国の発展に貢献できるよう頑張ります。


(大阪文化国際学校出身・桃山学院大学 大学院 経営学研究科)
(ワン・パーパス国際学院出身・奈良産業大学 ビジネス学部 3年次編入)

image
王 清清
私は中国で英語系の3年制大学を卒業しました。来日して日本語学校で勉強するうちに日本語教師になりたいと思うようになりました。日本語教師として活躍するにはどうしたらいいかと考え、愛甲の先生に相談して大阪産業大学の文学部の3年次編入に挑戦しました。大学で英語しか勉強してこなかった私が日本文学専攻で3年次編入できたのも、しっかりと愛甲で指導してもらったお陰だと思います。今後は日本語教師として活躍できるよう頑張ります!

image
蔡 威寅
私は母国で環境専攻の3年制大学を卒業後、来日しました。本来の目的は大学院への進学でしたが、受験資格がないということがわかり、目標を見失い自暴自棄になりました。そんな時、先生が自宅まで来て相談に乗ってくれました。そこで大阪産業大学に環境が勉強でき、3年次編入もできる学部があることを知り、そちらに照準を変え、必死に勉強に取り組みました。その甲斐あり、今は満足した大学生活を送っています。このまま大学院まで進み、将来は環境系の研究者として活躍したいです。


(神戸YMCA学院出身・大阪産業大学 文学部 3年次編入)
(神戸日本語学院出身・大阪産業大学 人間環境学部 3年次編入)

image
黄 冬冬
私は現在、漬物の総合メーカーであるダイユー食品で総務部員として活躍しています。伝票整理・売上管理・輸出入手続などをこなす多忙な日々を送っています。愛甲で勉強したことは一つも無駄になったことはありません。現在、会社から将来中国の現地法人に社長として赴任するかどうかを打診されています。愛甲で2年間を過ごしていなければ、今の自分はないと思います。任される仕事を精一杯頑張りたいと思います。


(神戸住吉国際日本語学校出身・ダイユー食品株式会社 総務部)


このページのトップへ
Copyright © 2010 Aicoh School of Liberal Arts. All Rights Reserved