法律学科 経営・会計専門職コース 4年制

1年次より高度な日本語力を身につけるとともに、経営学および法律学の基礎を学習します。
その上で、国際貿易事務において欠かすことのできない通関業務についても学び、法律専門職の国家資格である行政書士取得もめざします。


法律学科 経営・会計専門職コース 4年制の特徴





4年間の流れ
1 日本語力養成

専門基礎
日本語力
本格的な経営、簿記・会計および法律等、専門科目の講義に耐えられる日本語力を修得します。

専門力
本格的な専門授業に入るまでの導入部分として、簿記・会計および法律の基礎(簿記の考え方・法律の考え方)を学習します。
基礎力養成のための重要な2年間です。
2
3 専門授業

進路指導
日本語力
日本でのビジネスマナーを中心に学習し、BJT等、ビジネスシーンで活かせる日本語検定試験で実力を証明できる実力を養成します。

専門力
事務系の必須のスキルである簿記会計の知識を習得し、国家試験合格もめざします。さらに多くの事例研究を通じて、経営判断まで可能な能力を養成します。
4



image
陳彬(神戸東国際学院出身)
着実に実力アップ!

日本に来てもうすぐ2年になります。
今年の4月に愛甲学院に入学してさらに日本語の勉強を続けています。先生方はみんな親身になって、私の話を聞いてくれます。
そのおかげで、難しい専門用語も英語も少しずつ理解できるようになってきました。今は日本語の勉強が中心ですが、これからも少しずつ知識を増やしていけるように頑張りたいと思います。


image
砂田 和広(教員)
このコースの特徴

このコースでは、4年をかけて、知識はもとより、考える力を身につけていきます。社会科学の基本は論理的思考力であるという方針の下、社会の色々な問題に遭遇したときに自己解決できる力を養成していきます。



このページのトップへ
Copyright © 2010 Aicoh School of Liberal Arts. All Rights Reserved